関西エリアには裏風俗が多すぎて、ついうっかり忘れてしまいがちなマイナースポット!
路地裏に入れば、すぐに「30分1万円ポッキリでOK」と声が掛かる。
前情報では『G』が女のコのレベルや評判がよさそうであったが、一軒目に声を掛けてきたのが丁度その店でラッキーだった。
相当ボロい雑居ビルの階段を上がって2階の店に入る。
驚くほど薄暗くて狭いウナギの寝床のような部屋に案内されると、隣からプレイ中の喘ぎ声が漏れ聞こえきた。
パーテーションと天井の隙間からちょいと覗いてみようと立ち上がると、すぐに若くてカワイイ女のコがおしぼりを抱えて現れた!
「うわっ! いきなり何してんの自分」何食わぬ顔で、「いや~先にズボンを脱いで驚かしたろうと思ってな~…」と、そのままズボンとパンツを脱ぐという恥ずかしい目に遭ってしまった。
互いの舌を絡ませ合ってのプレイスタート!
唾液たっぷりの生フエラ、そしてローションいらずのヌレヌレオマ○コに騎乗位スマタ。
フィニッシュは彼女もノリノリで、Dキスしながらたっぷりと注ぎ込んだ。 

受付にいって女の子を選んで、どこかで待ち合わせして、一緒にホテルに行く。これが今のホテヘルの遊び方ですが、この形態のホテヘルが誕生したのはおそらく大阪が最初なのではないかと思います。というのも大阪でホテヘルが増えだしたのは2001年くらいから。実はこのころ大阪では主にマンションの一室でサービスをする、いわゆるマンヘルと呼ばれる風俗が大人気だったのです。もちろん無店舗の届け出を出していたのですが、厳密には違法。というのもマンションが店舗と見られてしまうからです。マンヘルは長らくグレーとして行政も見逃していたのですが、1999年くらいから締めつけが厳しくなり、2001年くらいからどんどんマンヘルが消えて行きました。そこで業者が考えたのがホテヘルという形態だったのです。今もホテヘルは関西で大人気ですが、それは発祥の地だからというのも関係しているかも知れませんね。