やっぱり最近の大阪は元気がない。
アントニオ猪木ではないけれど、元気ですかーっと叫びたくなってしまうほどだ。
風俗業界も確実に不景気の波が押し寄せており、今後が少し心配になってしまう。
風俗ファンよ、今こそお店に行き、風俗界を盛り上げる時なのではないだろうか。
しかし、現実的な話し、風俗界の未来は、なかなかのっぴきならない状況のようなのだ。
何が問題かといえば、1つは風俗界での高齢化問題だ。若い客がなかなか伸びず、古くからの常連さんも、
じょじょにけっこうなお年になりつつあるのだ。
かといって、風俗店ではそんなシルバー世代に対応しているバリアフリーなお店は少ない。
時代とマッチできなくなっているのだ。あともう一つは規制の問題だ。オリンピックなどもあり、
今後風俗に対する規制が強化されないとも限らない。
またTPPなどももしかしたら風俗産業に関係する可能性もある。
はたして今後の風俗はどこに向かうのだろうか。
そんな中で元気なホテルヘルスはこちらです。

■おすすめ男性求人
風俗の男性向け求人はどれも高収入が期待できますが、そのなかでも得に稼げそうなのが、ソープのお仕事なのです。やはり風俗の中でもトップクラスに高級感があるので、接客などのスキルもそれなりに求めれちゃいます。コンビニ店員みたいに「いらっしゃいやせー」とやる気のない挨拶はご法度なのですよ。そのかわりコンビニの時給よりもはるかにいいお金がゲットできちゃうのですから、それもいたしかたないこと。別に執事なみの接客術を求められるわけではなく、誰でもできる程度のことなので、がんばっちゃいましょうよ。もちろんソープのお仕事はそれだけではなく、お客様の送迎であったり、広告の打ち合わせであったり、お店の管理など多岐に渡ります。覚えることも多そうですが、慣れれば誰でもできるお仕事なので、がっぽり稼いじゃいましょう。

関西エリアには裏風俗が多すぎて、ついうっかり忘れてしまいがちなマイナースポット!
路地裏に入れば、すぐに「30分1万円ポッキリでOK」と声が掛かる。
前情報では『G』が女のコのレベルや評判がよさそうであったが、一軒目に声を掛けてきたのが丁度その店でラッキーだった。
相当ボロい雑居ビルの階段を上がって2階の店に入る。
驚くほど薄暗くて狭いウナギの寝床のような部屋に案内されると、隣からプレイ中の喘ぎ声が漏れ聞こえきた。
パーテーションと天井の隙間からちょいと覗いてみようと立ち上がると、すぐに若くてカワイイ女のコがおしぼりを抱えて現れた!
「うわっ! いきなり何してんの自分」何食わぬ顔で、「いや~先にズボンを脱いで驚かしたろうと思ってな~…」と、そのままズボンとパンツを脱ぐという恥ずかしい目に遭ってしまった。
互いの舌を絡ませ合ってのプレイスタート!
唾液たっぷりの生フエラ、そしてローションいらずのヌレヌレオマ○コに騎乗位スマタ。
フィニッシュは彼女もノリノリで、Dキスしながらたっぷりと注ぎ込んだ。 

受付にいって女の子を選んで、どこかで待ち合わせして、一緒にホテルに行く。これが今のホテヘルの遊び方ですが、この形態のホテヘルが誕生したのはおそらく大阪が最初なのではないかと思います。というのも大阪でホテヘルが増えだしたのは2001年くらいから。実はこのころ大阪では主にマンションの一室でサービスをする、いわゆるマンヘルと呼ばれる風俗が大人気だったのです。もちろん無店舗の届け出を出していたのですが、厳密には違法。というのもマンションが店舗と見られてしまうからです。マンヘルは長らくグレーとして行政も見逃していたのですが、1999年くらいから締めつけが厳しくなり、2001年くらいからどんどんマンヘルが消えて行きました。そこで業者が考えたのがホテヘルという形態だったのです。今もホテヘルは関西で大人気ですが、それは発祥の地だからというのも関係しているかも知れませんね。